ネトリ爺の快楽介護。【帰ってきた義父】あらすじ ネタバレ 無料試し読み

 

 

帰ってきた義父

 

主人公の淑子は優しい夫と二人で暮らしていました。

しかしそこに施設から義父が帰ってきて…

 

車椅子で老人ホームから退所した義父

 

一緒に暮らすのは初めてだけど優しい誠二さんの

お父さんだもの…きっと上手くやっていけるはず!

 

その夜、淑子のご馳走に大喜びする義父

 

「こいつはありがたい!

わしの好物ばかりじゃ!

良いお嫁さんをもらったな誠二!」

 

団欒の時間を終えて、布団に横になる義父

 

「おお、良い寝心地じゃ」

 

「うふふ、よかったです

私たちはすぐ横に寝てますから

何かあれば呼んでくださいね」

 

しかし義父の目は、座る淑子の足の隙間から見える

下着に釘付け…

 

「悪いんじゃが、寝る前にオムツを替えてくれんかの」

「あ、ゴメンなさい気がつかなくて!」

そう言って慌ててオムツを替えようとする淑子…

しかしその目に飛び込んできたのは…

 

そんな…大きくなってる…

あの人より…大きい…

 

 

「ネトリ爺の快楽介護。」をスマホで、無料試し読みをする方法はこちら>>>

 

 

淑子は義父の大きい局部を見て、

思わず唾を飲み込むのでした…

 

「すまんな…嫌なものを見せてしまって…」

謝る義父に我に返った淑子は…

 

「いえ…気にしないでください」

と答えて自身の寝室へ向かうのでした。

 

ベッドに入っても落ち着かない淑子…

やだ…私ったら…濡れてる…

まさかお義父さんのモノを見て興奮したの…?

 

「ねぇ、あなた…お願い…して」

 

次の瞬間には、淑子は服を脱ぎ捨てて夫に跨っていたのです。

「おい、親父が隣にいるんだぞ!」

制止しようとする夫に…

「大丈夫よ…もう寝たわ」

と誘う淑子…

 

淑子の秘部に触れた夫は驚くのでした…

 

 

「ネトリ爺の快楽介護。」をスマホで、無料試し読みをする方法はこちら>>>

 

 

次回「ネトリ爺の快楽介護。」~覗かれていた情事~のネタバレはこちら>>>