ネトリ爺の快楽介護。【覗かれていた情事】あらすじ ネタバレ 無料試し読み

 

 

前回「ネトリ爺の快楽介護。」~帰ってきた義父~のあらすじはこちら>>>

 

 

覗かれていた情事

 

主人公の淑子は優しい夫と二人で暮らしていました。

しかしそこに施設から義父が帰ってきて…

 

義父のオムツを替える時に見たモノが忘れられない淑子は

夜、服を脱ぎ捨てて、夫におねだりします。

横に親父が寝ているから

…と言う夫を制して四つん這いになる淑子…

 

その秘部の濡れように夫は驚くのでした…

「嫌ぁ、もう我慢できないの…早く挿れてぇ…」

「挿れるぞ…」

 

ああっ…ああんっ…

あっあっ…あなた…あんっ…

 

「おい、声がデカイぞ」

そう言って淑子の口をふさぐ夫…

「淑子…イクぞ…」

「そんな…もっと続けて…」

 

ずっずっずっ…

ヌプゥヌプゥ…

 

「ああっ…」

 

もう…いつも早いんだから…

物足りなさを感じつつ眠る淑子…

 

そんな二人の姿を義父はしっかりと覗いていたのでした。

 

 

「ネトリ爺の快楽介護。」をスマホで、無料試し読みをする方法はこちら>>>

 

 

翌朝、夫が会社へ出かけると、

早速、義父が淑子にお願いをします。

 

「淑子さんや、早速で悪いんじゃが

体を洗ってくれんかの?」

 

浴室にキャミソールに短パンで現れる淑子…

義父を見やるとソレはまたしても大きくなっているのでした。

 

また…大きくなってる…

気にしちゃダメよね…

介護なんだから…

 

スポンジで義父の体を洗う淑子…

その手は義父の股間へと伸びますが…

 

「痛っ!」

 

「す、すみません!」

 

「さすがにここはスポンジでは…

手で洗ってくれんか…」

 

仕方ないのよね…

これは介護なんだから…

 

躊躇しながら手で義父の局部を洗う淑子…

…すると!?

 

 

「ネトリ爺の快楽介護。」をスマホで、無料試し読みをする方法はこちら>>>

 

 

次回「ネトリ爺の快楽介護。」~若返る義父~のネタバレはこちら>>>